マンゴー天国【台南・玉井】へ弾丸トリップ−マンゴ三昧−

目次

こんにちは!毎日色んなところに行って、台湾を大満喫しているまる子です。今日から訪問した先を怒涛の勢いで更新して行きます!!

玉井ってどこ

玉井=マンゴーというくらいマンゴーの名産地として有名。台南からバスで1時間強くらいで到着します。台南のバスロータリーから「玉井」行きバスに乗れば割と楽に着きました!

マンゴー畑を横目に、到着すると前進的なマンゴーオブジェが迎えてくれます。日本統治関連の場所へ向かいました。

日本統治時代関連

玉井には、日本統治時代に開かれた製糖会社がありました。1992年に閉鎖され、その場所が現在では「タパニー事件紀念園区」になっています。タパニー事件は、1915年に起きたとても大きな抗日事件で1000人以上の死者が出たと言われています。この事件を機に「植民地政策」から「内地延長主義」に転換したとも言われています。

タパニー事件記念園区

蒸気機関車が展示されています。周りはヤシの木だらけで南国感が凄い。

この蒸気機関車でサトウキビを運んでいたよう。

タパニー事件記念館へ

かなり細かく事件についてや当時の暮らしについて等の展示がありました。建物は製糖会社の跡地を使っているそう。昔の宿舎等とのこと。

タパニー事件記念館 【営業時間9:00ー17:00 火曜日定休 無料】

マンゴー市場とかき氷屋さんへ

バス停から歩いて2分くらいで玉井青果市場へ。平日の昼過ぎに行ったのですが活気ある!(ぜひ現地の活気をYOUTUBEで感じて頂けると嬉しいです!)

マンゴーってこんなに種類あったんだ!とびっくりするくらい種類豊富。しかもやっすい。10粒以上入っていそうな籠1つで250元(900円くらい)。台湾・マンゴーの里半端ない。旅行先ということもあり中々購入は難しく、とりあえずマンゴーカキ氷屋さんへ

玉井芒果市場芒果氷というカキ氷屋さんへ!市場の裏口にあります。

基本メニューは2つ。左は、氷までマンゴー味。右は通常のカキ氷の上にワンサカマンゴー。今回私は、右の愛文マンゴーカキ氷の小80元(日本円で300円弱)を注文。

可愛らしいラオバンが丁寧に目の前で作って下さいます。また「日本人?」と日本語で話しかけてくださり、以前ラオバンのお店が紹介された日本の観光本を嬉しそうに紹介してくれました!

どおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!マンゴーの暴力。

青いのは青マンゴー。こんなにジューシーで新鮮なマンゴーは食べた事ない。小ですが十分大きい。練乳も甘すぎず、カキ氷へのちょうどいい味付けになっていて食べやすすぎました。

【お店の情報】

店名:玉井芒果市場芒果氷  

住所:台南市玉井區憲政街及憲政街66巷交叉路口 Googlemap

マンゴーってこんなに美味しかったけか?

マンゴー以前はそこまで美味しいと感じていませんでしたが、玉井で食べて衝撃。また2019年はとても安く美味しいマンゴーが台北でも手に入るのでいっぱい食べたいと思います!
また、今回抗日事件の記念館へ行き、日本統治というものについての統治を受ける方々の苦しみを感じました。しかしその後マンゴーカキ氷屋さんでは日本人ということに気づいてくださった店長さんが特別に優しくしてくださり、マンゴーを下さったりしました。私が台湾人側だったらそのように振る舞えるのか?という気持ちになりました。本当に台湾は不思議で興味深いと更に感じた1日でした〜!
玉井から台南に帰る途中に新化という街に寄りました。ここの老街はとても綺麗な状態で保存されていて、本当にタイムスリップしたかのような素敵な場所でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です