【台北/師範大学/美術系】日台ハーフWさんに交換留学経験とその後の進路をお伺いしました!

留学経験者たちに、留学と就職等についてインタビューする企画第3弾。今回は、まる子と同時期に留学をしていたWさんにお話をお伺いしました!初めての日台ハーフのWさんの留学経験体験記です。

プロフィール
名前:Wさん
出身大学:国立大学 教育学部
留学先:国立台湾師範大学 美術系
留学方法:大学間協定の交換留学
留学期間:1年間 (2013年8月−2014年8月)

 

台湾留学の理由や、留学前について
 
Q留学のきっかけは?
 
元々留学に興味があり、英語圏を目指していたが、台湾とのハーフということもあり親戚とコミュニケーションが取れるようになりたいと思い、台湾留学を決意しました。
 
Q台湾を選んだ理由は?
 
親戚がいるから。
 
Q国立師範大学を選んだ理由は?
 
親戚に聞いた中で、最も評判が良く、特に中国語教育に強みがあると聞き志望しました。
 

Q留学前の中国語レベルは?

親戚の家で生活を出来る最低限レベル。話している内容は大まかに聞き取れるが、意見は言えないレベルでした。留学が決まってからは、第二外国語の中国語授業を多く取りました。

台湾滞在中について

Q1日のスケジュールは?

AMはMTC(言語学校)の密集班(3時間/週5日)。PMは美術科の油絵授業等受講。台湾の友人とショッピングやカフェ。親戚の従姉妹のお家に遊びに行く、フットサルに参加などをしていました。

Q週末の過ごし方は?
 
祖母の暮らす田舎へ帰省やルームメイトとカフェで勉強。
 
Q台湾滞在中に印象的だった旅先は?
 
花蓮と香港・マカオ。
花蓮は、留学同期の友人と行き、タロコ遺跡へ。ヘルメットを受け取れず、マフラーで頭を守りながら遺跡を回った事が思い出です。
 
香港・マカオは、先に帰国したルームメイトのマカオ人に会いに。台湾との雰囲気の違いにびっくりしました。
 
Q大変だった思い出は?
 
現地の友人を作る事が大変だった。言語学校での紹介制度なども利用したが、現在でも仲良くしている友人は少ないです。
 
Q楽しかった思い出は?
 
留学期間通してとても楽しかったです。親戚が多くいて、孤独を感じる事なくとても楽しく勉強に集中する事が出来ました。フットサルで出会った台湾人たちと区民運動会に参加させて貰った事が印象的。また、フットサルつながりで台湾駐在日本人妻の方々に色々なお話をお伺いして、新たな視点を学ぶ事が出来ました。
 
Q台湾で驚いた経験は?
 
師範大学の付属高校と交流に行った際に、学校にiPadやスマートフォンを持参し、活用していたこと。Wifi環境なども日本より遥かに進んでいたこと。
 
 
帰国後、就職先や現在は?
 
Q卒業は?
 
5年かけて卒業しました。
 
Q考え方は変わった?
 
「留学」という言葉だけでなく、「留学中に何をしていたか」という事が重要だと考えるようになりました。積極的に外で交流している人もいれば、全く部屋から出ない人もいるので、自分の行動次第で結果が大きく変わることを学べました。
 
Q「こうしておけば良かった」と思う事は?
 
友人の輪を広げておけば良かったと感じます。また親戚の田舎ばかり行っていたのですが、台湾の色々な場所を旅行しておいたら良かったなと思います。
 
Q就職活動や就職は?
 
若い人が多く、グローバルで軸が1つじゃない会社という観点で就職活動をしました。現在は、情報系の会社でSEとして勤務しています。
 

Q中国語を使っていますか?

使用していません。

Wさんお忙しい中、インタビューさせて頂き本当にありがとうございました!日台ハーフの方々がどのように考え、どんな留学生活を送っているのかを知る事が出来とても興味深かったです。親戚とのコミュニケーションという観点とても重要ですよね。今後とも様々な方々の留学経験をお伝え出来たらと考えています!

【台北/台湾師範大学/交換留学】留学体験と就職・ワーホリ等<まる子編>

2019年6月14日

【台北/師範大学/2度留学】中央大卒Kさんにお話をお伺いしました。

2019年6月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です