ナマシャ旅行記⑸地元のご夫婦宅でBBQ堪能。踊りと料理を教えてもらったよ。

ナマシャで朝から遊び、阿里山までドライブしました。ゆっくりナマシャに戻ります。

 

ナマシャ旅行記⑵最強部族ブヌン族の最大級祭り「射耳祭」潜入レポ

2019年9月1日

ナマシャ旅行記⑷日本統治時代の神社跡を見に行ったら、凄く綺麗に展示されてました。

2019年9月1日
 

1日目に参加した「射耳祭」で仲良くなったブヌンのお姉さまのお家でBBQに参加させて頂きました!

お姉さまは、麥的莊園民宿という民宿を経営!

家族やお友達がたくさん集っていたところに、参加させて頂きました。そして、パイワン族のお父さんに、パイワン族に伝わる伝統的な料理を教えてもらいました!!

パイワン族料理「cinavu」の作り方講座

教わったのがこれ!「奇那富」パイワン族語「cinavu」

これが中身。

この粉みたいなものは、「芋頭」タロイモの粉。それと豚肉を混ぜます。

葉っぱ。

細長く並べます。

まず縦から包み込み、次に横を折り込みます。

もう一枚別の葉っぱ召喚。

ぐるぐる巻きます。そしてタコ糸で固定!

完成!

どどおおおん。そしてこれを熱湯で1時間茹でて完成。

長細い葉っぱは食べれないですが、小さい方は食べれます!甘くて美味しい〜。

原住民の夜〜歌って、飲んで、食べる〜

パイワン族の伝統料理を作らせて頂いた後、BBQを楽しみながら皆様と交流。

原住民の方々は、他の原住民同士での結婚も盛んだとお伺いしていましたが、本当に様々な原住民の方々がいらっしゃいました。ブヌン族、パイワン族、ツゥオ族、アミ族、そして私の友人はセデック族。歌を歌いながら、楽しくお話をお伺いさせて頂きました。

ツゥオ族のお姉さんに、ツゥオ族の踊りを教えてもらいました!意外と動き自体は簡単でびっくり!

異なる原住民同士で結婚した際は、家庭内ではやはり中国語で意思疎通をされているということ、そしてお姉さんたちの世代でも原住民の言葉は聞いたらわかるけど積極的に話すことは難しいこと。

でも、伝統的な歌を通じて言語が継承されている様子など、実際の方々にお話と歌を聴かせて頂きながら知ることが出来ました。そして何より歌がうますぎる、皆さん明るく素敵!この後星空をみて、びっくりしました。流れ星がビュンビュン、見れました。

ナマシャ大満喫。

原住民が多数派である場所でお伺いする実際のお話はとても興味深く、たくさんお話をお伺いできました。また日本語世代の方がまだいらっしゃるということもお伺い出来、必ずまたナマシャにお伺いすることを心に決めました。本当にお友達がたまたまナマシャに暮らしている縁を大切に、今後もお伺いします!ナマシャから帰り道にもたくさんのスポットがありました。またレポートします!

 

ナマシャ旅行記⑵最強部族ブヌン族の最大級祭り「射耳祭」潜入レポ

2019年9月1日

ナマシャ旅行記⑷日本統治時代の神社跡を見に行ったら、凄く綺麗に展示されてました。

2019年9月1日
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です